« ダブルハンドル | Main | 世界の車窓から by 首都高中央環状線 »

LONG HAND FISHING

へらコブラさん&へらコブラさんお友達ファミリーの皆さんと行ってきました!


テナガエビ釣り~


in


多摩川


で、せっかくなので(?)、まずはシーバス用スピニングリールのI型ノブのチェックから!

やはり、T型よりもI型のほうが巻きやすいなぁ。
(かもさん交換しましょう!)


チェック中、マグレで釣れちゃった多摩川のシーバス君 (^^♪

0606131


そして、テナガエビのほうはと言いますと、、、って、その前にまずは外道から!

その一

0606132


その二

0606133


あれっ!


あれれっ!


あれれれっ!


.........................テナガエビの写真が無いや~ (^^;


|

« ダブルハンドル | Main | 世界の車窓から by 首都高中央環状線 »

Comments

なんだよ、マグレじゃなくて、ちゃんと狙ってるじゃん。

で、テーナーガーわ??

Posted by: 枯れっぺ | 06/13/2006 at 22:08

うわぁ!!!!!

Posted by: いたる | 06/13/2006 at 23:27

まさかテナガァを餌にシーバス釣ってないですよね(^^;;
それにしても見事だなぁ!

Posted by: matsu | 06/13/2006 at 23:29

丸子橋?????
そこ、バスとシーバスと鮎が釣れる変なトコw


なんか手長海老流行ってます?そんなに美味しいの???

Posted by: sawa | 06/13/2006 at 23:52

>枯れっぺさん

ヘコさんの胃袋の中へ行きました ~テナガさん達


>いたるさん

いえ~い!!!!! (^^)v


>matsuさん

ヒットルアーはローリングベイト77です!


>sawaさん

もうちょっと下流ですよ!
で、エビの甘露煮が好きなんですけど、作れませんから~ 残念!!

Posted by: asa | 06/14/2006 at 04:30

をーやったねー!
40~50cmってとこでしょうか?おかっぱりで釣れたシーバスって、サイズ云々よりもボートから釣ったものより絶対に感激します。
ハンドル交換OKです、是非是非!って標準で付いてたやつだからRCSって書いてないよ~!

Posted by: かも | 06/14/2006 at 07:10

>かもさん

リバーシーバス、とても引いたような気が・・・!?

で、、、ノブ交換の件よろしくお願い致しますぅ。
つきましては、住所をメールして下さーい。 (^^)v

Posted by: asa | 06/14/2006 at 13:21

んまかったよ〜♪

Posted by: へらコブラ | 06/14/2006 at 15:04

>へらコブラさん

KISSや烏賊も行きましょう!!

Posted by: asa | 06/14/2006 at 16:13

鳩飛ばしましたー!よろしくです!!

Posted by: かも | 06/15/2006 at 06:29

>かもさん

らじゃー (^^)v

Posted by: asa | 06/15/2006 at 06:43

ああ、テナガァを肴にビールを飲んだら旨いんでしょうね~。

Posted by: サム | 06/15/2006 at 20:08

>サムさん

はいはい! うんまいよ~~~♪

Posted by: asa | 06/16/2006 at 04:52

T型ハンドル届きましたー!
ありがとうございます。
I型ハンドルはさっきポスト君に食べさせちゃいましたので、しばしお待ちを・・・・

Posted by: かも | 06/18/2006 at 12:12

>かもさん

らじゃー (^^♪

Posted by: asa | 06/18/2006 at 16:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57507/10508381

Listed below are links to weblogs that reference LONG HAND FISHING:

» 飽きずにテナガー [へらコブラon blog]
有名ポイントの「多摩川六郷テトラ帯川崎側」に出撃して参りました。 メンツはいつも [Read More]

Tracked on 06/14/2006 at 10:07

« ダブルハンドル | Main | 世界の車窓から by 首都高中央環状線 »